--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.16

Ribbon In The Sky

首都圏では今週から地震の影響による計画停電が実施されています。

それに伴い交通機関が混乱し、自宅待機勤務の方、早時退社の方が多く

今週の四谷を含む都心の夜はとても静かです。


私のビジネスに対する影響も少なくありません。


また節電のため街の灯りが消え、ソウル・バー音色-neiro-の隣町にある防衛省本部のビルの灯りが

夜通し煌々と光るという特異な風景が展開されています。



また食品、飲料の買い占めによる品不足が発生しています。

音色-neiro-でもミルクの調達がままならず、カルアミルク等のミルク系カクテルの

ご提供が現在できません。


首都圏のガソリンスタンドにはガソリンを求めて数キロの車列が出来ています。


残念ながら1970年代のオイルショックのケーススタディが全く生かされていない状況です。


ですが私たちは生きています。

時折停電があるにしろ、暖かいベッドで寝ることができます。


私たちが東京で抱えている悩みなど取るに足らないものなのです。


今の私達にできることは、それぞれの生業(なりわい)となる仕事を全うすることです。

私の仕事は皆様に美しいソウル・ミュージックに触れていただくことです。


今の私にはこのアーティストのこの曲しか思いつきません。


この困難を乗り切って、皆様が再びゆったりと美しいソウル・ミュージックに触れていただける日が

1日も早く来ることを切に願ってやみません。



「Ribbon In The Sky (1982)」 Stevie Wonder

スポンサーサイト

Posted at 02:39 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。