--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.10.24

Every Little Step

先日、大学時代の一つ年上の先輩と久しぶりに連絡を取りました。


彼もとても音楽が好きで、当時のソウル・ミュージックやR&Bをよくお互いの安アパートで

夜遅くまで一緒に聴いたものです。


彼は当時流行していたNJS(ニュー・ジャック・スウィング)が大好きでした。


大学を卒業してからは、お互い社会人となり忙しさのあまり徐々に連絡もとれなくなっていきました。


彼は大学を卒業して間もなく若い年齢で結婚をしました。

そしてすぐにひとりの女の子が生まれたということを年に一度の年賀状で知りました。


彼は若くして生まれた女の子を育てるためにその後も一心不乱に働いたようです。

大好きだった音楽と触れ合う時間も惜しんだのでしょう。


先日久しぶりに電話で話すと、彼はとても元気でした。

そしてその女の子が今年成人したことを聞きました。



0.jpg



私がソウル・バーを四谷に開店することを伝えるととても喜んでくれました。

必ず行くから、久しぶりにソウルやR&Bを楽しみたいと言ってくれました。


しかし彼の音楽時計は20数年前から止まったままです。


彼が来店する日には、この曲がソウル・バー音色のライブラリに入ることになると思います。


古くから私のブログをお読みいただいている諸兄はご存知かと思いますが、

私は過去にこの時代のNJS(ニュー・ジャックス・ウィング)の世界を散々こき下ろしたことがあります。


ですが、今流行りの「柳腰」ということでどうか笑ってお許しくださいませ。

そして万が一その場に遭遇されましたら、同世代の方々は是非ご一緒にお楽しみいただけると幸いです。


恥ずかしながら私もこの時代を経験している1人なのです。




「Every Little Step (1988)」 Bobby Brown
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://showzono495.blog107.fc2.com/tb.php/31-7d9d646f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
まさかshow-zonoさんのところでBobby Brownが見れるとは夢にも思いませんでした。

ただただ懐かしいです。

その先輩の方が音色で恥ずかしい思いをされないように、事前に言っていただければ私も20年前のボディコンであらわれましょうか?
ちょっと小さめの岡本夏生さんみたいになってしまいますけど。

恥ずかしながら、私もこの時代を経験している1人です。
Posted by きらら at 2010.10.24 22:27 | 編集
私が復活を諦めた頃に、再開されてたんですね。
なんだか楽しみが増えてしまいました。
やはりこちらで奏でられる音色には、ホッとしたり、ワクワクしたりです。

そして、NJS。
こちらでも認めて貰えてホッとしてます 笑。
Posted by J at 2010.10.25 06:33 | 編集
うわ~、なつかしいですね~Bobby Brown。
当時某タレントが物まねしていたのを思い出しました(笑)
NJSってけっこうみんな同じように聞こえるのですが、B級グルメ的?な味わいがあり、難しい事考えず気楽に聴けるところがいいですよね(笑)
Posted by crazywinecool at 2010.10.25 06:52 | 編集
わっはっはっはー!!!

笑って許すしかないでしょう。
兄さんもオトナになったということで。w

この辺のジャンルをどう取り扱われるのかというのは実は私個人的にはなんとなく関心がありました。

これでTeddy RileyもNew EditionもKeith Sweatもライブラリー入りですね~。

イヤもイヤも好きのうち。

なんだかもう音色のことが好きになりました。
Posted by tommy at 2010.10.25 17:05 | 編集
きららさん、コメントありがとうございます。

>まさかshow-zonoさんのところでBobby Brownが見れるとは夢にも思いませんでした。

本当ですね。(笑)

おー、きららさんのボディコンが見れるのですか。

岡本夏生さんみたいにメイク2時間待ちだといけませんので早めにお知らせいたしますね。(笑)
Posted by show-zono at 2010.10.25 20:32 | 編集
Jさん、コメントありがとうございます。

東京にひとつのソウル・バーができるまでのドキュメントブログです。

是非今後ともお付き合いくださいね。
よろしくお願いいたします。
Posted by show-zono at 2010.10.25 20:36 | 編集
crazywinecoolさん、コメントありがとうございます。

懐かしい以上でも以下でもないです。(笑)

しかし恥ずかしながら私もこの時代を経験している1人なのです。

今回その事実と向き合ったわけです。(笑)

Posted by show-zono at 2010.10.25 20:40 | 編集
tommyさん、コメントありがとうございます。

笑ったね?しかも腹を抱えて。

オトナになったというわけではなく、NJSを心から嫌っていたわけではないのです。
まあ、あれは一種のキャラづくりですかね。(笑)

無意味なこだわりよりも、今回はこの先輩が嬉しそうな顔をしてくれることを優先するわけです。

当然、Bell Biv DeVoeもライブラリ入りです。

楽しみにしていてください。
Posted by show-zono at 2010.10.25 20:46 | 編集
だいぶ前からブログを読ませていただいています。

私はそんなにソウルには詳しい方ではないので、ただこのブログを観て、聴いて楽しむ一人です。

オープンまで頑張ってくださいね。


今回、懐かしい映像ですね。
音楽的にはどうだかわかりませんが、DANCEという点では凄く影響を与えた人物である事には間違いありません。

NEW JACK SWING ・・・ダンサーなら誰もが通る道だと思います。

始まりですね。


音色、楽しみにしています。



Posted by yoshinobu at 2010.10.27 01:48 | 編集
ネットを通じて海外の音楽サイト覗けるので、音楽と疎遠に成らぬように、触れ合いが常に持てる便利な社会です。

また、JJさんのブログからShow-zonoさんのブログに辿りつき、長い閲覧だけの期間を経て、こうしてコメント残せるようになったのも、ネットさまさまです。笑

Posted by takeru at 2010.10.27 02:43 | 編集
yoshinobuさん、コメントありがとうございます。

以前からご覧いただいていたとのことありがとうございます。

yoshinobuさんはダンスをされる方なのでしょうか?

昔、ダンス甲子園みたいな番組がありましたけど、その時の出場者の衣装はこのあたりから来てるような気もしますね。(笑)

>私はそんなにソウルには詳しい方ではないので、ただこのブログを観て、聴いて楽しむ一人です。

私のブログも音色-neiro-というお店もソウル・ミュージックおたくの方よりも、聴いて楽しむというyoshinobuさんのようなかたにご利用いただきたいと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by show-zono at 2010.10.27 22:14 | 編集
takeruさん、コメントありがとうございます。

今更ネットの利便性にご感心なされてどうしたんですか?(笑)

確かに昔は音を探すのにも一苦労でしたけど、今はブログやyoutubeでどんどん探せますものね。

ネットさまさまですね。(笑)
Posted by show-zono at 2010.10.27 22:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。