FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.07.18

屋号について

ビジネスや商売を始めるにあたって屋号はとても大切だと思います。

いわゆるお店の名前です。


ソウル・バーの屋号でもっとも素晴らしいと思うのは、

私が若い頃によく通った横浜の麦田のソウル・バー「THE SUGAR SHACK」です。



i wanto you 1



これは言わずと知れた70年代Soul Musicの至高の名盤Marvin Gayeの「I Want You」です。

私はこの作品がなければこれほどまでにこのSoul Musicに傾倒していなかったでしょう。


この有名すぎるアルバムジャケットは黒人画家Earnie Barnesによるものだけど、

この絵にあるダンスフロアの中央後部の垂れ幕のようなものに注目してください。


「Welcome To THE SUGAR SHACK」と書かれています。


この「I Want You」のアルバムジャケットの絵の舞台となっているのが、

ダンスフロア 「THE SUGAR SHACK」なのです。



i wanto you 2



やられた。

完全にやられた。


この横浜のソウル・バー「THE SUGAR SHACK」は店主の石川さんが体調を崩され数年前に閉店しましたが、

今は川崎で同じ屋号で再スタートされています。



この屋号が使えないのなら、日本語の屋号しかありませんね。


今は気を取り直して、音色-neiro-という屋号を予定しています。


素晴らしい音色たちをゆったりとお届けできる空間を。


音色-neiro-とはそういう意味でございます。





(PVがないので自分で作ってみました。)
「Soon I'll Be Loving You Again (1976)」Marvin Gaye

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://showzono495.blog107.fc2.com/tb.php/5-fb4b7056
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
neiroっていう屋号は素晴らしいじゃないですか。
でもまあshow-zonoさんはI WANT YOUに対する思い入れがハンパないですからね。
日本語っていうところがまた良いんじゃないでしょうか。
事業計画書はデット目的ですか?
まあ僕は調達に関してはなんも心配してません。笑
これからも期待してます。
Posted by KIM at 2010.07.19 12:25 | 編集
KIMさん、コメントありがとうございます。
毎度お世話になっております。

SugarShackという屋号がダメならと自暴自棄になっているわけではありません。(笑)
日本語の屋号というのは変化球としてはいいでしょ?(笑)

エクイティ調達にはコリゴリしていますので。
ビジネスを立ち上げるにはステークホルダーを最小限にするということを学びましたから。

今後も引き続きよろしくお願いいたします。
Posted by show-zono at 2010.07.19 20:50 | 編集
トンネルを抜けると、SUGAR SHACK 懐かしいですね。
今はマックを曲がるとか(笑)

オープン期待してます。
Posted by ナボ at 2010.07.19 23:37 | 編集
ナボさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

>トンネルを抜けると、SUGAR SHACK

本当に懐かしいですね。

私は20代の頃、あの不便な場所にあるSUGAR SHACKを目指していったものです。
そういうお店を目指したいものです。

今後もよろしくお願いいたします。
Posted by show-zono at 2010.07.19 23:57 | 編集
「音色 -neiro-」素敵ですね。
私の名前の「ね」も「音」です。

いつかお店がオープンしたとき名刺を持ってお伺いしたいと思います、楽しみにしています。
Posted by のりね at 2010.07.23 16:37 | 編集
のりねさん、コメントありがとうございます。

これはハンドルネームではなくご本名ですか?
お名前に「音」という文字があるのは素敵ですね。

名刺を持っておいでいただけるのですか?
楽しみにお待ちしています。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by show-zono at 2010.07.23 23:07 | 編集
音色-neiro- 

ちょっと意外でした。
だって
なんかかわいいじゃないですか。

日本語屋号だからって
壁から笹が突き出てるようなお店にするんじゃあ
ないでしょうね(笑)。
まあそんなお店はありませんけど。いや、あるかも。

内装がどんななのか
とても楽しみなのです。

なんか一気にいっぱいごめんなさい。
Posted by m-asa at 2010.07.26 15:28 | 編集
m-asaさん、一気に大量のゲリラ豪雨ならぬゲリラコメントありがとうございます。(笑)

音色-neiro-・・ちょっと可愛いでしょ。

実は自分に娘を授かることがあればこの名前にしようと決めていた名前であります。
残念ながらそうはなりませんでしたけど。

>壁から笹が突き出てるようなお店にするんじゃあないでしょうね(笑)。

京都の料亭みたいに庭に竹のカッポーンがあるような店内に、ごめんなさいウソです。(笑)

音色-neiro-には私のもつ世界観の全てを投入するつもりです。
楽しみにしていてください。
Posted by show-zono at 2010.07.26 17:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。