--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.08.03

That's The Way We'll Always Say Goodnight

最近、お店に訪れてくれるようになった某出版社勤務の若い女性。

先週の土曜日の深夜に音色-neiro-を訪れてくれた。


その日は朝から御殿場などに行ったらしく、その長い長い土曜日の締めくくりに

音色-neiro-を選んでくれたらしい。


「Soul Musicって可愛らしいタイトルの曲が多いですね・・」

「そんなもんですかねぇ・・」


疲れているらしく、モヒートが回り始めて目がうつろだ。

終電に間に合うか間に合わないかの時間に彼女は音色-neiro-を後にした。


そして私は後片付けを済ませ、帰宅した。


彼女が無事終電に乗れたかが気になり、某SNSサイトで確認してみる。

するとこんな書き込みが羅列されていた。


「あまりにも素敵な週末だったので、大好きな場所で〆ることにする。

ソウル・バー音色-neiro-にいます。」(3時間前)



189292_236684709697576_100000681464372_763609_6446893_n.jpg



そして、


「時間を忘れて、お酒と音楽。終電を逃してしまったので四ツ谷から歩いて帰ることにする。

この時間の四ツ谷⇔新宿間はタクシーこそ通るものの、人っ子ひとり見当たらない。

酔いも手伝って、世界を独り占めしているようないい気分。」(2時間前)


おいおい・・。


そしてどうやら彼女は10cmヒールの靴で1時間半かけて帰宅したらしい。

とりあえず安心した。



私はなまじビジネスマン生活が長かったせいで、この音色-neiro-をビジネスと捉えるきらいがある。


SEO対策を万全にしてみたり、客観的にSWOT分析をしてみたり。

ビジネスは結果がすべてと思っているので結果を重視することがある。


でもそれは陥りやすい間違いだったようだ。



「大好きな場所で〆ることにする。 ソウル・バー音色-neiro-にいます。」



ビジネスというのは、他人に幸福になってもらうこと。

そういう根源的なことを思い出さされた。



可愛いタイトルといわれた曲はRod Tempertonの隠れた名曲です。




「That's The Way We'll Always Say Goodnight (1979)」 Heatwave
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://showzono495.blog107.fc2.com/tb.php/98-0a88e24c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。